2019年9月8日

残暑というには暑すぎる日、会場が日暮里駅から徒歩1分という立地に感謝しました。ホテル ラングウッドにて開催された「同窓生のつどい」にお邪魔してきました。総勢60余名、男性女性ほぼ同数の落ち着いた雰囲気の中、司会の方のスムーズな進行が印象的でした。後半、出席者全員による花笠音頭、リーダーの踊りをお手本に全員が踊りました。最後の校歌斉唱では、西高・家政高・中央高校の3曲を拝聴しました。

中央高校は昨年20周年を迎えたそうです。2校合併では先輩にあたる皆さんに、今後、経験談をお聞きする機会があればと思った次第です。

在校生の多方面での活躍紹介では、特に慶応大学先端生命科学研究所に隣接する中央高校、「高校生研究助手」「特別研究生」(南高生も数名)として研究所に通い、世界で活躍する研究者を目指しているとのこと。何と恵まれた環境でしょう。今後に期待したいですね! 

(文責 杉山)